大阪・京橋駅近く・婦人科・内科『しおじレディースクリニック』京阪モール北側出口すぐです。がん検診、感染症、思春期・更年期障害の相談、避妊、不妊他産科健診、婦人科外来手術、内科一般などに対応いたします。旧:川村レディースクリニック

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫

子宮筋腫の種類・部位子宮筋腫は30歳以上の女性の20-30%にみられるよくある良性の腫瘍です。主な症状は月経量が多くなることや月経痛です。超音波検査、MRI検査などで診断します。症状がなければ基本的には経過観察ですが、症状がひどければ治療対象になります。治療方法としては薬による治療と手術があります。薬による治療では月経を止める作用の薬を使い、子宮筋腫を小さくしたり、月経量や痛みの症状を軽減します。ただし、副作用(骨粗鬆症など)のため長期間使用することができないため、閉経前や手術前に一時的に使用することが多いです。またピルを用いることもあります。ピルを内服することで月経痛が軽減したり、月経量が減ることが期待され、筋腫が大きくならないこともあります。手術には子宮を摘出する方法と子宮筋腫のみ取る方法があります。最近は腹腔鏡で手術することも多いので手術が必要となった場合は適切な医療機関にご紹介いたします。

子宮内膜症

子宮内膜症子宮内膜症とは、子宮内膜(生理のときに出血する部分)またはそれに類似した組織が何らかの原因で卵巣や骨盤の中で増殖し、そのために生理痛、生理の出血量増加、性交痛、腰痛、不妊などの症状を来たす疾患です。20歳から30歳代の女性で発症することが多く、最近では日本人女性の約10%に子宮内膜症があるとされ、増加傾向にあると考えられています。
診断は、内診や超音波検査、MRI、腹腔鏡検査などによって行われます。超音波検査では、卵巣や子宮の大きさを計測し、卵巣チョコレートのう胞や子宮腺筋症の有無を調べます。治療は、鎮痛剤・ホルモン剤・漢方薬を用いた薬物療法と手術療法の2つがあります。薬物療法としては低用量ピルや黄体ホルモン剤が使われることが多く、症状の改善や病気の進行を抑えるのに大きな治療効果をあげています。卵巣の内膜症性のう胞(チョコレートのう胞)などの病巣部がはっきりしている場合などは、手術を検討します。手術が必要な場合は腹腔鏡で手術することも多いので適切な施設にご紹介いたします。また子宮内膜症は再発することも多く、一部にはまれではありますが悪性化の報告もあることから、しっかりと経過観察することも必要です。

Clinic Information

〒534-0024 大阪府大阪市都島区東野田町2-3-19
MFK京橋駅前ビル3F(※1F・ダイコクドラッグ)
京橋駅より徒歩1分 京阪モール北側出口すぐ

TEL:06-6355-5010
JR線・京阪電車「京橋」駅より 徒歩約1分
大阪メトロ・長堀鶴見緑地線「京橋」駅・5番出入口より 徒歩約3分
診療時間
 9:00~12:30
16:30~19:00

※午前診の9:00~9:30は手術(予約のみ)

<予約外受付時間変更について>
当面の間、火曜日午後診察、金曜日午後診察の予約外の患者様の受付時間を18:30までとさせていただきます。
なお、予約分につきましては従来通り19:00までとなります。
皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願い致します。

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2020 しおじレディースクリニック All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る