大阪・京橋駅近く・婦人科・内科『しおじレディースクリニック』京阪モール北側出口すぐです。がん検診、感染症、思春期・更年期障害の相談、避妊、不妊他産科健診、婦人科外来手術、内科一般などに対応いたします。旧:川村レディースクリニック

更年期障害

更年期障害

更年期とは、生理が止まる年齢の前後約5年間の時期をさします。つまり日本人女性の平均閉経年齢は50歳ですから、更年期は約45歳から55歳と考えられます。この時期に特徴的に出現する、のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)、多汗、不眠、疲労感などの多彩な症状により日常生活に影響のみられる場合を更年期障害と呼びます。更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)が大きくゆらぎながら低下していくことですが、その上に加齢などの身体的因子、成育歴や性格などの心理的因子、職場や家庭における人間関係などの社会的因子が複合的に関与することで発症すると考えられています。

更年期障害の主な症状

  1. 自律神経失調症状
    顔のほてり、のぼせ、発汗、冷え性、不眠症、動悸、めまい、 頭痛、耳鳴り、息切れ
  2. 精神的な症状
    うつ症状、不安感、意欲低下、記憶力低下
  3. その他の症状
    肩こり、関節痛、腰痛、食欲不振、疲れやすい、かゆみ、頻尿、尿失禁、性交痛

治療には、食事療法、運動療法、精神療法、漢方やホルモン剤などを用いた薬物療法などがあります。精神症状が強い場合は抗うつ薬・抗不安薬・催眠鎮静薬などの向精神薬も用いられます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などの抗うつ薬は副作用も少なく、またほてり・発汗など血管の拡張と放熱に関係する症状にも有効であることが知られています。

症状の比較的軽い方やホルモン剤を服用するのが不安な方にはまず漢方薬を処方することが多いです。当帰芍薬散・加味逍遥散・桂枝茯苓丸を中心に処方します。ほてりやのぼせなどの症状が強い場合や、即効性を期待する場合にはホルモン療法が有効です。

ホルモン療法(HRT)

女性の体内で色々な部分がスムーズに働くように、様々な役割を果たしているのが女性ホルモンであり、更年期になって不足してきた分を補うのがホルモン補充療法です。具体的には、エストロゲンの含まれる内服薬や外用薬を用いて行われます。よく話し合いながら、その人に合った最適な治療法を選択していきます。HRTに関しては、一時乳がんなどのまれな副作用が強調される傾向にありました。しかし最近になって、更年期にHRTを開始した人では心臓・血管の病気や骨粗鬆症など老年期に起こる疾患が予防できるという利点が、再び見直され始めています。治療期間は患者様と相談し、症状の改善効果を見ながら短期間で休止したり、更年期の間だけ続けたり、休薬してしまうと症状のコントロールが難しい場合では副作用に注意しながらしばらく続けることになります。

更年期の症状にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

Clinic Information

〒534-0024 大阪府大阪市都島区東野田町2-3-19
MFK京橋駅前ビル3F(※1F・ダイコクドラッグ)
京橋駅より徒歩1分 京阪モール北側出口すぐ

TEL:06-6355-5010
JR線・京阪電車「京橋」駅より 徒歩約1分
大阪メトロ・長堀鶴見緑地線「京橋」駅・5番出入口より 徒歩約3分
診療時間
 9:00~12:30
16:30~19:00

※午前診の9:00~9:30は手術(予約のみ)

<予約外受付時間変更について>
当面の間、火曜日午後診察、金曜日午後診察の予約外の患者様の受付時間を18:30までとさせていただきます。
なお、予約分につきましては従来通り19:00までとなります。
皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願い致します。

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2020 しおじレディースクリニック All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る